• 旦那は単身赴任

    小柄な女性が風俗求人サイトの熊本風俗求人【いちごナビ】から応募してきてくれた。

    年齢は34歳。

    結婚してるが子供が居ないらしい。

    だが、旦那は単身赴任で、結婚しているにも関わらず、会うのは年に4回程度。

    結婚歴5年だが、旦那の顔を見たのは10回程度。

    倦怠期も何も、もはや夫婦とはいえないというのが彼女の見解だ。

    そんな彼女のスリーサイズは、T151 B82(C) W59 H83、要するに、憂さ晴らしと小遣い稼ぎをかねての風俗求人サイトを通してこの仕事に興味を持ったというのが彼女の考えらしい。

    また、この女性は普段から巣鴨・赤羽の風俗/Fスタなどの優良風俗情報サイトを見ているそうです。

    久々に30代前半の女性なので、私も少し期待していたが、旦那と性行為も殆ど無い為に、性の経験値としては乏しいものだろう。

    とりあえず、どれほどのものかを体験入店で確認してみる事にした。

    ホテルの部屋に入るまでは、至って普通に振舞う様子が見受けれ部屋に上がるときに、私が脱ぎ捨てた靴をひざを揃えて座りながら揃える姿は「人妻」らしい素振りを見せた。

    「へえ。 脱ぎ捨てた靴を揃えてくれるなんて、中々してくれないよ。 なんか奥さんらしくていいね」

    「え?そうですか?そんな風にほめられるなんて… なんだか結婚してよかったのかなぁ」

    思わぬところで女性らしさを感じさせる行動を見せてくれたことにより、私の中で彼女の印象が少し代わった。

    男性は風俗嬢の、とりわけ熟女のこういう「妻らしい」素振りにそそられるものである。

    事実、私も彼女の靴を揃えるしぐさにグッとくるものを感じたのだ。

    それからというもの、彼女を「スタッフ候補」というより「旦那とご無沙汰の一女性」として見てみようと思った。

    また、このような女性は五反田風俗スタイルなどの優良サイトではかなりの人気が出る事間違えありません。

    ベッドのそばまで彼女と寄り添って進み、ベッドの横に並んで座り、彼女を抱き寄せて横から優しくキスを何度もする。

    そしてキスをしながら、彼女の太ももや腰、乳房を服の上からソフトタッチでさするように触る。

    ベッドに座ってキスをしたときは、かなり緊張していた様子の彼女であったが、ソフトタッチが効いたのか唇を重ねれば重ねるほど、彼女の唇からは、妖艶で男の性欲を刺激する甘い吐息のようなあえぎ声が徐々にもれ始めてくる。

    そのあえぎ声の間隔は、徐々に短くなり、やがては狂ったメス犬のような鳴き声にも似た声へと変貌していく。

    なぜなら、今、彼女は四つんばいになり、股を思いっきり広げ、おおっぴらげに広げた陰部を私の目の前にさらけ出し、その陰部を私の舌と指で弄繰り回されていたからだ。

    「求人サイトにも書いてたけど、風俗で働くって、こういうことなんですね… とっても気持ちいいです」

    果たしてこれから先、何人の男性客が彼女に快感を齎すのだろうか。

    このような女性が働くのに最適なお店の求人サイトは池袋 ヘルス求人なんかが最適に思います。